五島を知りたい!

隠れキリシタンと蓮

2023/02/27
キリスト系(教会含む) 0
令和5年2月17日、三井楽の渕ノ元カトリック墓碑群に久しぶりに行ってきました。




多くの墓の中で、1つだけ気になる墓を発見!竿石(お墓の一番上に設置された縦長の石のことで、墓標となる文字(家の名前など)を彫り込んだ石のこと)は凝灰岩か砂岩なのか?タフォニっぽく風化してボコボコになってるけど、十字架はハッキリ判る。問題はその下の台座が蓮華座であること。蓮華座って普通仏教の墓に使われるのでは……。




仏教の蓮華座

【蓮華座】
 まず最初に、皆様は仏像や仏画に描かれている仏様や菩薩の足元に何があるかご存知ですか?たいていの仏様等の足元には台座があり、名前を「蓮台(はちすのうてな)」「蓮華座」「蓮華台」などといい蓮の花弁をかたどられた台座で、その上に仏様等はお立ちになったり、座っておられます。また、墓石の一番上にある竿石のすぐ下にも、同じような蓮華台という物がついた墓石も多々ありますし、お位牌にもあります。なぜ仏様や菩薩と同じように墓石にも蓮華台をつけるのか、そもそも蓮の花・蓮華にはどういった意味があるのかをご説明させていただきます。
 蓮華台を根本的なシンボルとしている仏教では、仏教が誕生した際に、蓮華はお釈迦様の誕生を告げて花を開いたという伝説があり、蓮華は泥等のある池でもしっかりと根を張り、きれいな花を咲かせる生き様が仏教に近似する事からも大切にされ、様々な仏教宗派のお経にも蓮華が登場します。そして蓮華台がお墓に使用される理由は、お釈迦様が蓮華台の上で瞑想しそれが極楽浄土の象徴とされる為のようです。
※いろんなネット情報より抜粋

【考察】
……潜伏キリシタン時代は弾圧を恐れて竿石には十字架を形どらずに仏教を装うために蓮華座を敷き、解禁後に隠れキリシタンとなってから十字架を形どったのであろうか。それともキリシタンの墓でも使うことがあるのか?確認のため福江島のいくつかのキリシタン墓地や奈留の樫ノ木山墓地の上部辺りに密集するキリシタン墓地も見てきたが、1つも見つけることができませんでした。オーモロ~!
#キリシタン #蓮華
下の「五島情報」をクリックしてくれると有り難いです。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.