五島を知りたい!

仲の良いサザンカとツバキ

2024/02/11
動植物 0
令和6年2月11日、職場の敷地にサザンカとツバキが仲の良く咲いていました。


サザンカ(山茶花)は11月、12月に花を咲かせる数少ない植物です。 常緑の葉の上に、赤やピンクや白の花を多数つけるので目立ちます。 ツバキに似ますが、ツバキは花弁が付け根で合着しており、花が散るとき、全部の花びらが一緒にポロリと落ちるのに対し、サザンカでは合着がなく、花びら一枚一枚がばらばらに散ります。




一枚一枚散っています。




 ツバキ(椿)とは開花時期は個々で異なりますが、一般的には1~5月と言われます。 秋から冬にかけても早咲きの椿を見ることはできますが、咲いている花の多くは山茶花です。山茶花とツバキの見分け方ですが、花びらが一枚一枚落ち、花弁が散ることなく花ごとボトッっと落ちるのがツバキです。

 ツバキの時期は合ってるが、今年は暖冬だったり、えらい寒い日もあったんで、サザンカの時期が狂ってる?まぁ、だからこそ仲良く咲いているのが見れたんで良しとするか。




#サザンカ #ツバキ #山茶花 #椿
下の「五島情報」をクリックしてくれると有り難いです。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.